pixta_55976607_L.jpg

支援制度/補助金/融資

線1848222.gif

物売りでないメソッドを提案し、企業理念の『持続可能なライフスタイルの向上の実現を目指す』コミニティー作りを提案します。

創業時に誰もが頭を悩ませる資金調達。特に女性は信用が低くみられがちでした。

しかし、2014年の中小企業基本法第13条(創業の促進)に「特に女性や青年による中小企業の創業を促進するため」という一文が追加され、政府が経済の活性化に向けて女性・若者の創業を支援する方針を打ち出しています。

マーク720532.gif

補助金/助成金融資の違いとは?

資金調達方法には、大きく、補助金・助成金・融資の3つの方法があります。

補助金・助成金は返済不要ですが、募集期間が決まっている上、複数の応募の中から採択される必要があります。なお、助成金は雇用に対する支援なので、人を雇ったときに使える制度です。

一方、融資は、返済の必要がありますが、随時受付を行っている上、一定の要件をクリアすれば受けることができ、利率が低い制度が多くみられます。

 

いずれにせよ、事業計画書の作成などの準備が必要となりますので、専門家に相談することをおすすめします。

「女性起業家」向けの支援制度~融資制度編~

全国で実施されている融資制度を紹介します。

実施しているのは、日本政策金融公庫という政府系金融機関であるため、国の施策と連携しており、女性の起業を促進するための制度があります。

 

47都道府県ほぼ全てに支店があるため、誰でも申請が可能です。

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性、若者/シニア起業家支援資金は、融資審査で評価が低くなりがちな女性、若者、シニアを対象として融資などの支援を行う制度です。

女性層、30歳未満の若者層、55歳以上のシニア層で新規開業して概ね7年以内の方を対象としています。
女性、若者/シニア起業家支援資金には国民生活事業と中小企業事業があり、それぞれに特徴があります。

新創業融資制度(女性の小口創業特例)

女性の小口創業特例とは、女性の小口創業を支援するための制度です。この制度の融資を含む新創業融資制度の融資残高が300万円以内の場合に適用されます。

新事業融資制度では、

 

・雇用の創出を伴う事業である
・経済活性化につながる事業である
・創業予定の業種の企業での勤務経験を持つこと

 

などの対象要件を満たす必要がありますが、女性の小口創業特例ではこれらの対象要件が撤廃され、融資を受けやすくなりました。